ご挨拶

最後の最後まで沢山のお客様にご来店頂き誠に
ありがとうございました。

後半の営業は、電話が繋がらない、予約が取れない、
スタッフ数もギリギリでの営業だった為、料理提供や接客サービスも
思うように出来ずご不便、ご迷惑をおかけし
大変申し訳ありませんでした。

それでも皆様からは、
「差し入れや花束を頂いたり」
「新しいお店必ず教えて!」「連絡待ってます!」
「もったいない!」「次はどんな店なの?」
「毎日来ます!」「やめないでほしい!」
「メニュー全部食べていきます!」
「最後の月は何回も予約入れます」
「寂しいと泣いてくださる方」
「早くお店出してよ」
などなど、

書ききれないほど嬉しい言葉も笑顔も沢山頂き
とても貴重で幸せな最後を過ごすことができました
この感謝の思いをどう伝えたらいいのか私も含めスタッフ全員
感謝の言葉も見つかりません。

これからも精一杯、皆様が楽しめる「何か」を
必ずどこかの町で創り提供し続けたいと思います

本当に12年間ありがとうございました。




令和2年 1月31日   店主 小齋清児





追伸
現在のところ、近隣には飲食店テナントが見つからないため
新しい場所と新しいカタチを探して日々奔走中です



つづく・・・